新着情報

秋田県由利本荘市【整骨院greenroom本荘】肌荒れ

こんにちは鈴木です!

さて今回は肌荒れについてお話していこうと思います。

①肌荒れの原因は?

⑴紫外線

紫外線は日焼けやシミの原因になるだけでなく肌にダメージを与えてバリア機能を低下させます。また紫外線にはUV-AとUV-Bと呼ばれるものがありますが「生活紫外線」と呼ばれるUV-Aは窓ガラスを透過するため室内や車の中でも油断はできません。そして「レジャー紫外線」と呼ばれるUV-Bは肌に急激に作用して赤みや炎症、乾燥にも繋がることがあります。

⑵乾燥

外の外気やエアコンによる湿度の低下などによって角層の水分や皮脂の量が減少します。そして潤いバランスが保てなくなることで乾燥を招きます。

⑶バリア機能の低下

バリア機能が何らかの形で低下すると外部からの刺激を受けやすくなります。肌の水分量も低下して肌荒れが起きやすくなります。また最近ではマスク着用による肌荒れが続出していてマスクの着脱による温度の変化についていけずバリア機能が低下してしまうことがあります。

②肌荒れを改善するために

・肌に触れるものを清潔に保つ

肌荒れしている時は肌のバリア機能が低下し肌が少し弱っている証拠です。そのために肌に細菌や汚れがついてしまうとどんどん肌荒れが広がっていく可能性があります。衣類や寝具、タオルなど日常生活で肌に触れるものはこまめに選択をして清潔に保ちましょう。また空気清浄機などで空気もきれいにしておきましょう。

・肌にとっての悪習慣を見直す

⑴外出時に日焼け止めを塗らない

紫外線は主な原因の一つです。日焼け止めを塗らないで紫外線の影響を受けてしまい、肌が弱くなります。季節関わらず、外出時は日焼け止めを塗りましょう。

⑵暖房・冷房をつけすぎている

冷風、温風に関わらず風が当たることで肌は乾燥します。つまり、冷房・暖房にあたりすぎていると肌が乾燥しかさついてしまいます。暖房・冷房は適度に温度を調節しましょう。

⑶暴飲暴食を行う

暴飲暴食をすると胃腸に影響を及ばします。胃もたれや腹痛を伴うだけでなく胃腸が不調になると肌が荒れやすくなります。肌を健やかに保つためには暴飲暴食をしないようにしましょう。

今日はここまでです!ありがとうございました!

♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦

GR整骨院グループ

↓↓ 場所・電話番号など詳細が気になる方はこちら ↓↓
↓↓ GR整骨院グループで働いてみたい方はこちら ↓↓
↓↓ 各院のYouTubeを見たい方はこちら ↓↓
↓↓訪問マッサージに興味のある方はこちら↓↓