新着情報

【太白区 整骨院greenroom鈎取】インナーマッスル 

こんにちは 鈎取院 中野です(‘ω’)ノ

今回は、最近よく聞くインナーマッスル 腸腰筋 についてです

 

 

ブログ画像

 

骨盤の内側から太ももの骨にべったりついている大きな筋肉、腸腰筋は大腰筋と腸骨筋のふたつからなります。

大腿神経に支配され、おもな作用は股関節の屈曲。
下肢固定で上半身は前に曲がる。腹筋を鍛えてるつもりが、ほとんど腸腰筋を鍛えてるなんてことになりやすい筋です。

骨盤自体にべったりくっついているため、骨盤の歪み、出っ尻、腰痛など姿勢や下肢浮腫などに大きくかかわってきます。

よく体幹トレーニングが大切、ダイエットにもコアの筋肉をを鍛えるのが大事などど言いますが、まさに腸腰筋は体幹を安定させている筋肉なので、スポーツをやる方、ダイエットを始めようとしている人にはここを鍛えるのがお勧めです。

骨盤内に付着しているため、動脈・静脈・リンパ管・リンパ節など大切な器官の通り道になっています。

腸腰筋が固くなり血流阻害が起こると、生理痛・生理不順・下腹ポッコリ・便秘・消化不良・代謝の低下・脂肪を溜めやすくなる、という問題が沢山出てきます。(えらいこっちゃですね!)

まさにここが固くなると、全身の機能が下がるといっても大げさではないかもしれません。

これって逆をいえば、ここの固さをとってあげれば代謝が上がりやすくなるので、ダイエットにも効果的ということですね(^^)

 

少し難しい話ではありましたが、今日はこれまで ではまた(‘ω’)ノ

 

 

♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦
GR整骨院グループ

↓↓ 場所・電話番号など詳細が気になる方はこちら ↓↓
↓↓ GR整骨院グループで働いてみたい方はこちら ↓↓
↓↓ 各院のYouTubeを見たい方はこちら ↓↓
↓↓訪問マッサージに興味のある方はこちら↓↓